スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
北京五輪
2008-08-20 Wed 19:29
SANY0556.jpg


先週末、行っちゃいました。北京へ。

赴任してまだ1ヶ月、実はまだ市を離れる許可はもらえてないんですが、
今この瞬間、行かなきゃ後悔するって思って、
五輪チケットも持たず北京へ電車で2時間。

会場近くにダフ屋さんとか、一般人がチケット売ってるとか、ありましたが、タイミングの合うチケットはなく、
あきらめてジャパンハウスっていう日本人や選手がたまに現れるホテルへ行ってみたら・・

星野ジャパンに会えました!!!
といっても試合前でピリピリしてて、通り過ぎるだけだったけど。
ダルビッシュ、坊主だった。まぎれもない8頭身だった。
ちなみにダルビッシュの弟にも至近距離で会えました。


SANY0530.jpg


翌日、先輩隊員達と、マラソン観戦に!!
どこから現れるのかってぐらい、日本人が集まるスポットで観戦。
今回、残念ながら日本人は1人しかみることができなかったけど、
プロの選手達の走りっぷりを至近距離で見ることができて、感動。

SANY0545.jpg


あと、北京に着いた瞬間、ものすごい違和感を覚えた出来事が。
中国に住む人はよくご存知かと思いますが、

人に道を聞いたときの対応(ときにものすごく適当。挨拶なんてない)
タクシーの運転の荒さ、クラクションの多さ

駅前いたるところに、「五輪ボランティア」たる人がいて、
とにかく爽やか。ゆっくり丁寧な案内。
タクシーは、横断歩道で一旦停止。

この3週間でこんなに変わるもんかと、びっくり仰天。


中国に来て オリンピック風に当たれた週末でした。
別窓 北京 コメント:2 トラックバック:0 top↑
北京語学研修終了。
2008-07-15 Tue 11:54
3週間の任地語学訓練が終わりました。

私以外の同期の隊員は、すでに昨日任地に向けて旅立っていきました。

なぜ、居残りかというと、

私の赴任先の病院職員が、車で迎えにきてくれることになり、予定日を変更してほしいという依頼があったからです。

重い荷物を持ち運ばなくていいからラッキーって最初は思ってたんですが、よくよく考えてみると、

北京から赴任先まで車で約3時間。
中国人と密室での3時間。

わたしのつたない言語力で、3時間耐えしのぐかと思うと、胃が痛くなってきました・・・><


3週間の生活。
胃腸のダメージに苦しむことはありつつも、なかなか充実した日々でした。

北京の人たちは、思いのほか日本人にやさしかったです。
授業で「30人アンケート」という課題があったんですが、
アポなしでずかずか質問しても、殆どの人がこころよく答えてくれて、
発音直してくれたり、言葉を教えてくれたり。


近所の日本食料理屋さんでのやまいも梅和えに感動したり、
イトーヨーカドーの陳列の美しさやCoCo壱のカレーにテンション上がりまくったり。


天安門や、動物園、景山公園、オリンピック会場、ショッピング街など、北京市内をうろうろして、ある時は交通マナーの悪さに怒ったり、店員のぼったくり具合に呆れたり、ある時は空気の悪さと蒸し暑さにげんなりしたり。


同期中国隊員は計7人で、それぞれの赴任地に旅立ったわけですが、なんせ中国は広いので、そうそう会えないんです。

っていっても1日遅れただけなんだけど、日本での訓練も合わせると約3ヶ月衣食住を共にした仲間と離れるのは本当に寂しい。

中国にきて、感動や苦痛を共感し合った仲間と離れて、
ついに一人立ちです。


日本での仲間に支えられ、
二本松で出会い、各国に旅立った仲間に刺激を受け、
そしてこれからは同じ中国で自分の道を進んでいく仲間のことを
思いながら、私も私なりに進んでいこうと思います。




※写真;景山公園からみた夕日

159.jpg
別窓 北京 コメント:0 トラックバック:0 top↑
北京での生活。
2008-07-09 Wed 00:00
6月23日、日本から中国へ発ってから、早くも2週間が過ぎました。

二本松での訓練が終わってからの10日間も、本当にめまぐるしくって、気づけば出発の日を迎えてたという感じやったんですが、1日1日の事は今でも鮮明に覚えてます。

たかが2年、されど2年。

人それぞれ、2年間に対する価値観は違うかもしれないけど、
やっぱり2年間、大切な人達に会えないのは寂しい。

でも、大切な人達が、私の2年をいっぱいいっぱい応援してくれて、送り出してくれたから、今のところ前を向いていられるのだと思う。
私のために集まってくれた人達、本当にありがとう。

そして、うちの超心配性の母親が送り出してくれたことが一番大きな感謝です。
パソコンも触れなかったうちの母は、いま毎日パソコンを開いてメールをチェックしてくれているそうです。
毎日2行のメールを返してくれるのがうれしい。きっと何十分もかかって送っているのだろうなーと思うともどかしいですが。



中国(北京)での生活は、ありえないことも多く、刺激的な毎日です。

毎日いろんなことがあるけれど、
この二週間を一言で言うとすれば、

北京の空気に体が慣れてきました。

そして、北京は今、オリンピックの準備でそこらじゅう工事中です。

間に合うのだろうか、、、。地下鉄も7月中旬開通っていうし。
スタジアム(鳥の巣)は完成したって報道されてたけど、
実際外回りは普通に工事中で立ち入り禁止だったし。

この1ヶ月半でもめまぐるしく変わるのだろうと思うと、
おもしろい国だなって思います。



1週間後は、河北省の病院についに派遣になります。

まだまだ不安でいっぱいですが、とりあえず1週間の北京生活を満喫しまっす!!!862760068_197[1]
別窓 北京 コメント:0 トラックバック:0 top↑
BACK  青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。