スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
友達との再会(専門学校編)
2009-09-17 Thu 21:15
さて 続いては

専門学校の同級生であるY内夫妻&K内さんが北京に訪れてくれました。




Y内夫妻には就職してからもよくお世話になってたものの

中国行きが決まった時

「なんでまた中国なん?あーチリ(←第一希望)かヨルダン(←第二希望)やったら
ゼッタイ遊びに行ったのに。ま、2年後日本で会おうや!」

とスパッと潔く言われたもんだから

まさか、来てくれるなんて思いもしなかったんだけど



「休みがちょっとしか取れなかったから北京でも行くかーと思ってたところ、そういえば
ちゃえのこと思い出した。」


なんて8月半ばに唐突に連絡があったのです。


ま、そっけないとこは愛情の裏返しだと思ってるけどね 笑)




そして土曜日の夜はみんなで北京ダック。

北京在住のお友達が在住者しかゼッタイ行けないような穴場有名店を教えてくれて

総勢12名(?)で囲んだ北京ダックは美味しかったー。

やっぱ中華は大勢がいいです。

付き合ってくれた皆様、どうもありがとう。


日本から来た3人は、まさかこんな人数でご飯食べるとはー と中国的な風景にはじめはオドオドしていたものの、楽しんでくれて良かったー



翌日は、万里の長城ハシゴプラン。

八達陵と司馬台という2箇所を1日で周るという超過酷プランをやってのけたそうです。


しかしながらこの週末、雨は降るわ、ありえないぐらい寒かったー

長城付近では氷が降り出したそうです。


今度来る人はできれば長城一箇所にすることをおススメします。(司馬台が良さそう)




Y内氏は、中国に2回訪れたことがあって

1回目は7~8年前の北京。

その街の発展だけでなく、街行く人の親切さや、若者が接客時ハニカむことに驚いてました。


自分勝手なことを言わせてもらうと、

北京市内の四合院っていう昔ながらの風情ある家がどんどん取り壊されてて

都会の中にある庶民的な部分がどんどん減っていくのはもったいないなーって思ってたけど

こういうサービス的な心が生まれるってのは素晴らしい変化なんだと感じました。




中国という国を、また新鮮に感じることができたいい機会でしたー

日本からきた皆さん、ありがとう。


スポンサーサイト
別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 top↑
<<友達との再会(お誕生日編) 青年海外協力隊活動記 in 中国 友達との再会(高校編)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。