スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
再会、出会い、別れ、そして気づいたこと
2009-04-11 Sat 08:35
学会やら日本の友人との再会やら、いろいろなことがあって

職場に復帰したのは今日で約半月ぶり・・・。
医療隊員なのに、こんなに休んでいいのか!!と葛藤もありましたが、
どれも私にとって譲れない理由だったので休みをもらったことに後悔はなし。
そしてこころよくお休みを認めてくれた院長やリハビリ科主任に感謝です。


ほんとに濃い数日でした。     (※ 後日写真アップします)

・大連学会にて生活リハの必要性を訴える、日本食と海鮮堪能
・北京でリハ学校からの親友と感動の再会
・河北省豊寧県 植林ツアーにて植樹30本
・秦皇島 万里の長城開始地点へ、海と長城に感動
・北京の友人を通じて新たな出会いが広がる
・事情により帰国することになった人達の見送り





連日睡眠時間2~3時間で動きまくった日々 移動中バスで爆睡でしたが 笑)
連日大切な人に囲まれて過ごした日々はとても充実かつ幸せでした。




そんな日々にも限りがあって
日本からはるばる来てくれた友人を見送り、中国で共に奮闘した友人を見送り、
ああ、また寂しくなるなあとしみじみしていた休暇最終日。


赴任先のリハビリ科の主任に電話したら、
「もしもーし、元気にしてるの?毎日あなたのことを想っているよ。」と言ってくれた。

ある同僚は、
「いつ帰ってくるの?一緒に診て欲しい患者さんがいるの」とメールをくれた。

ある友人は、
「帰ってきたら一緒にご飯いこう」と誘ってくれた。



私の任地は特にこれといった名所もなければ、自然も乏しく工場ばっかりで、
友達が来ても案内するところもないよー と言ってしまうようなところ。


だけどみんなの声を聞いた時、何よりも任地の人々ことをいとおしく思いました。


私の帰る場所はここなんだ と。


気づいたら、任地のことが何よりも好きになっていたんだ と。


   任地ホームシックです 笑)



そんなこんなで今朝、石家庄に戻ってきました。


そこにはもう 春 が来ていました。
SANY0001.jpg
スポンサーサイト
別窓 石家荘 コメント:0 トラックバック:0 top↑
<<Photo Album 青年海外協力隊活動記 in 中国 中国あれこれ。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。