スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
2年目。
2009-06-23 Tue 19:53
気がつけば、中国に来てまる1年経ってました。


昨日は1年目の最終日。





母から、救援物資が届きました。



「これといって食べたい物なあー。頑張ればわりと日本食作れるしなあ。
 
 しいて言えば、わらび餅とか、梅干しとかかなあ。」


とリクエストしたぐらいなんですが、予想をはるかに上回る量にビックリ。

SANY0023.jpg



大好きなラムネが入ってるやんーーーー!!!



ラムネをチョイスしてくれるなんて、さすがお母さんです。








ありがとう。お母さん。









というわけで


1年目、最後の1日はさっそくそうめんをゆでてみた。(写真)

SANY0026.jpg


※ちなみに、ゆで卵は以前母が送ってくれた卵切り器にてカット!
(使用2回目という頻度の低さ。近郊で使いたい人言ってください)








やっぱ 夏は そうめんだなぁ。




日本の麺のクオリティの高さにも感動。








そして本日から2年目に突入。


明日は最高気温40℃とかいう噂ですが、室外機の熱風みたいな外気にも負けず、



健康第一で過ごしたいと思います。

スポンサーサイト
別窓 石家荘 コメント:2 トラックバック:0 top↑
Yahoo!ニュースに
2009-06-12 Fri 13:34
このたび、Yahoo!ニュースに 協力隊活動が掲載されました。


執筆してくれた方、良く書いてくれすぎて恥ずかしいですが

周りの人の支えがあってこそ、今ここで健康に活動ができているんだと

感謝してます。



お時間のある方、ご覧いただけると幸いです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000061-scn-cn
別窓 石家荘 コメント:4 トラックバック:0 top↑
川底下村
2009-06-10 Wed 22:15
先日の話。

「満天の星空が見たい」という願望にまかせて、行ってきました。

北京市内から2時間ほどバスで山奥に行ったところにある、村。


地下鉄1号線 苹果园駅からバスに乗り込む人達は、どうみても観光者じゃなさそう。

むっちゃ日焼けした農家のおじいちゃんとか、学校帰りっぽい若者とか。

ホントに着くのかー と若干不安を感じながらも、

2時間ちょいで 最寄駅に到着。

そこから白タクで10分ほど走ったところに、 ありましたー。ここだけ取り残されたかのような村がありました。

これが村の全貌。
P5303020.jpg


サイトなどで見たとおり、村自体は改装もしていない昔ながらの風貌でしたが

すっかり観光地化しており、民家をのぞくと、どこでも泊まれ、ご飯を食べられるというような雰囲気でした。


村自体も小さくて、昼半日あれば十分散歩できます。

ここは村の最も高いとこらしいです。
P5303001.jpg


晴れた日の夜は、星がめっっっちゃキレイです。


泊まった日も素晴らしく快晴だったので、天の川がはっきりと見えました。

22時頃見て感動したので、 もっと暗くなってからも見ようと張り切って深夜2時頃にも外に出てみた。



中国に来ての一番の星空は、37と一緒に空を見上げて笑いが止まらなかった
「河北省豊寧自治県in植林ツアー」


今回の星空は、その次に素晴らしかったかな。



今度は星座盤片手に見上げたいです。(多すぎて見つけられないかもしれんけど)



一般的に中国サイトでも「川底下村」で通じるが、「川」はホントはこんな字だそう 。意味も違ってくるようです。
P5303014.jpg

別窓 北京 コメント:0 トラックバック:0 top↑
平遥古城巡り。
2009-06-03 Wed 13:38
最近の話。


「旅がしたーーーい」 という欲望がマックスになってきたので、土日であってもじっとしていられません。



石家庄仲良しグループからのお誘いもあり、いってきました  平遥古城。

P5242926.jpg



場所は山西省の省都 「太原」から100kmほど南に下ったところ

中国で隣の省に移動するなんて なかなか大変なんですよ。中には電車で数十時間かかるとかもザラにあります。


しかし、 河北省石家庄~山西省太原間は 新幹線が開通し、なんと1時間ちょいで行けるとのこと!! 
こりゃ行っとかなきゃということになったわけです。



平遥古城は昔から(14世紀)の古い城下町がそのまま残っていて、世界遺産にも登録されています。
清代末期までは山西商人の拠点であり、中国の金融中心地であったそうで、当時の銀行とかお金持ちのお屋敷なんかも見学できます。
いまは観光地として賑わっているけれど、ちょっと中心を外れると、昔ながらの民家で
暮らす地元民の様子が垣間見れます。

P5242949.jpg



古い町並み好きには是非是非、おススメ スポットです。

P5242925.jpg


別窓 中国旅行 コメント:4 トラックバック:0 top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。