スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
中国式結婚式
2009-04-23 Thu 23:48
中国に来て初めて結婚披露パーティに参加しました。
PICT0006.jpg


といってもここは省都の大病院なので、まずは2人お互いの故郷で式を挙げて、
職場にもどってから同僚を中心に披露宴をするというのが今どき風だそう。

中国人からしたら、退勤後にちょっとごはんにあつまるっていう感じだけど、
日本人からしたら、立派な披露宴・・・
だって参加者100人以上もいるし。


そんなパーティの前日、新婦が「普段着でいいよねー」みたいなことを話してて、
同僚に、「赤いドレス着なきゃアカンやろ、ちゃんと化粧して髪まとめて!!」
と突っ込まれていました。


その後、
「彩子、化粧と髪の毛やって」と頼まれ、なんとヘアメイクすることに!!!


当日退勤1時間半前から更衣室でこっそり開始。

念のため自分の化粧品やヘア用品持っていったんですが
何と驚くことに新婦は化粧品どころか髪をまとめるヘアピンまで持っておらず!
メイクもヘアスタイルもすべてお任せー と言われ・・・

一生に一度の主役パーティ、いいのかーー中国女子の流行もわからない外人に任せて!!しかも腰より長い直毛をアップなんてしたことないんですけどー。

と不安いっぱいの状況でしたが
なんとか自他共に満足いく仕上がりになってよかったーーー。
石家庄でヘアメイク事業開業しようかな 笑)

後頭部の写真撮り忘れたのが残念でした・・。



あとあと、中国のざっくばらんなところは、

 ・ ご祝儀は100元札を財布からそのまま受付にバッと渡す。(しわしわOK)
 ・ 受付のテーブルもひまわりの種のカスだらけ(笑) 
PICT0009.jpg
 ・ はじめだけ乾杯、あとはお腹いっぱいになった人から自由解散(正味1時間程度)
 ・ 参加者は全く着飾る必要なし。


などなど、日本の披露宴、2次会パーティに比べてとてもリラックスできます!!

日本ではお祝いする側も着飾る楽しみがあるけど・・ どっちも良い面悪い面がありますね。




写真//披露宴受付業務と新郎新婦
スポンサーサイト
別窓 石家荘 コメント:4 トラックバック:0 top↑
Photo Album
2009-04-13 Mon 13:50
P4052648.jpg


旅写真、少し更新してみましたので
時間ある方見ていただけると幸いです。


http://fotologue.jp/saesae913/
別窓 中国旅行 コメント:0 トラックバック:0 top↑
再会、出会い、別れ、そして気づいたこと
2009-04-11 Sat 08:35
学会やら日本の友人との再会やら、いろいろなことがあって

職場に復帰したのは今日で約半月ぶり・・・。
医療隊員なのに、こんなに休んでいいのか!!と葛藤もありましたが、
どれも私にとって譲れない理由だったので休みをもらったことに後悔はなし。
そしてこころよくお休みを認めてくれた院長やリハビリ科主任に感謝です。


ほんとに濃い数日でした。     (※ 後日写真アップします)

・大連学会にて生活リハの必要性を訴える、日本食と海鮮堪能
・北京でリハ学校からの親友と感動の再会
・河北省豊寧県 植林ツアーにて植樹30本
・秦皇島 万里の長城開始地点へ、海と長城に感動
・北京の友人を通じて新たな出会いが広がる
・事情により帰国することになった人達の見送り





連日睡眠時間2~3時間で動きまくった日々 移動中バスで爆睡でしたが 笑)
連日大切な人に囲まれて過ごした日々はとても充実かつ幸せでした。




そんな日々にも限りがあって
日本からはるばる来てくれた友人を見送り、中国で共に奮闘した友人を見送り、
ああ、また寂しくなるなあとしみじみしていた休暇最終日。


赴任先のリハビリ科の主任に電話したら、
「もしもーし、元気にしてるの?毎日あなたのことを想っているよ。」と言ってくれた。

ある同僚は、
「いつ帰ってくるの?一緒に診て欲しい患者さんがいるの」とメールをくれた。

ある友人は、
「帰ってきたら一緒にご飯いこう」と誘ってくれた。



私の任地は特にこれといった名所もなければ、自然も乏しく工場ばっかりで、
友達が来ても案内するところもないよー と言ってしまうようなところ。


だけどみんなの声を聞いた時、何よりも任地の人々ことをいとおしく思いました。


私の帰る場所はここなんだ と。


気づいたら、任地のことが何よりも好きになっていたんだ と。


   任地ホームシックです 笑)



そんなこんなで今朝、石家庄に戻ってきました。


そこにはもう 春 が来ていました。
SANY0001.jpg
別窓 石家荘 コメント:0 トラックバック:0 top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。