スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
中米日友好。
2008-10-25 Sat 00:07
怒涛の一週間でした。
アメリカ人がうちの病院に交流に来ました。
看護学生、理学療法士学生、作業療法士学生、とその先生達 計18名。
SANY0030.jpg


金色の髪、青い眼、スラリとした高い身長。

その存在感といったら半端ないです。そこに居るだけで目が釘付けでした。 笑)


わたしも何とか交流したい!!と思い、つたない英語力で話そうとすると、
ほんっと簡単な単語すら、中国語が出てきてしまう。
「wo shi …」(=I am)「zhe ge…」(=This is)
と 気づいたら中国語でアメリカ人に喋ってるし。
こんなことなら日本語で喋ればいいじゃんって思ってしまった 笑)



リハビリテーションはアメリカから日本に伝わったってのもあるけど、患者さんに関わる治療方法の殆どが日本でやってきた内容だったので、
聞きなれない英語も中国語の翻訳と状況が伴えば何とか理解できました。

中国のリハビリへの考え方は、一般的には
まだまだ病気や怪我そのものを良くすることばかりにこだわっていて、
そこからどう生活を送っていくか、っていう所には遠い気がする。
生活は、家族が面倒をみるのが当たり前っていう考え方。

それには医師の予後説明自体が不十分であったり、
金銭的な余裕がなくて、病院では出来る限りの機能回復を望んでいたり、
もともと中国のリハビリは物理療法や針なんかの治療がメインだったから、「生活リハ」っていう考え方自体がまだまだ知られてなかったり、
いろいろな背景があってのこと思う。

それに加えて患者さんの周りの環境があまりにも整ってなくて、
例えば車椅子が介助用だから自分で運転できないとか、福祉機器が身近にはほぼ手に入らないとか。
だから患者さんの今持っている能力を活かしきれないことも多々ある。

そんなこんなで、私も中国に来て3ヶ月。この環境に流されつつあったんだって改めて感じた。

たとえ身体に合ってない車椅子でも最低限整えて安楽な姿勢を。
たとえ家族が手伝ってしまうとしても、自分で服を着る、ボタンをとめようとする意識付け。

「どうせ中国だから・・・」って諦めかけてたことを
アメリカ人は当たり前のように関わろうとしていた。
そして患者さんを褒めることを忘れない。

一度ダメでも、何度もやったら変わるかもしれない。
誰か一人でも気づいてくれるかもしれない。
そんなことを気づかせてくれた。


つたない英語で書いた手紙をteacherに渡した。

They could live in independence, they looked like very happy.

彼女はこの文章にとても共感してくれて、
この遠い地で同じ目標に向かっている人に出会えたことに、すごく感動した。

スポンサーサイト
別窓 石家荘 コメント:2 トラックバック:0 top↑
国慶節 小旅行。
2008-10-11 Sat 02:40
とうとう気候変化に順応できず、ダウンしてしまいました。
手持ち服の一番分厚いやつ着ても寒いし、頭が痛い。
主任から「休んで」と言われ、
午前から早退。熱が出たけど薬飲んで昼も夜もひたすら寝まくったら一日で下がりました。
睡眠って大事だな。


そんなこんなで遅くなったけど国慶節の旅行について。


山西省、大同ってところに行ってきました。
中国来て初の一人旅。
職員や患者さんに言ったら本気で心配されるから、一人で行くことは内緒にして・・。

山西省は河北省の西隣にあたるんだけど、それでも寝台車で11時間。遠。

ここには友人お勧めの「雲岩石窟」っていう世界遺産があって、
その石窟に掘られた大仏を見たいなあって以前から思ってて。
やはり迫力大です。
大仏の中にも数え切れないほどの仏像が彫られてたりして、一体何人もの人が創ったんだろうって圧倒されます。
PA031223.jpg


近郊には「恒山」や「懸空寺」など、断崖絶壁に建てられた寺があり、山に登ると景色も良く、なかなか癒されました。
日本ではありえないぐらい高い斜面を駆け上るリフトには少しハラハラさせられたけど。(乗車前、何故か1元程の保険に入らされる)
PA021129.jpg



しかし、中国のGW、どこへ行っても人が多い。
このみんなで連休制度、どうにかして欲しい。
旅行者と帰省する学生等で、帰りの寝台切符が取れず、やむなく座席に。
いくらなんでも狭すぎるんちゃうん?って隣をみたら、うちの席横3列なのに、計4人座ってるんですけど。
通りで隣の男子の肩がはみ出してぐいぐい当たるはずだ。

運悪く、私の席の周りには男子学生グループが居て、みんなでトランプをしてたんです。修学旅行みたいに。
彼らはトランプを3箱使って5人ぐらいで遊んでるけど、4クールぐらい凝視してみたもののルールが全く把握できず。
諦めて読書でもしようとした瞬間、隣の彼が私の小説が日本語で書かれてることに気づく。

「それ、何語か?」
「日本語。」
「お前、日本語できるのか?」
「いや、ていうか日本人だから。」
という流れで日本人ていうコトがとうとうバレてしまい、そこからトークの渦に巻き込まれ、一睡もできず・・・。

基本、純粋に優しい子ばかりです。
眠そうにしてたら「肩、貸してやる」とか言ってくれたりして。
そんなことより私の席を返してくれ!!と叫びたかった瞬間でした。

PA031246.jpg
最後までハードな旅でしたが
今回も旅先で色んな人にお世話になって、小さな親切のありがたみを
ひしひしと感じました。
別窓 中国旅行 コメント:6 トラックバック:0 top↑
買い物
2008-10-06 Mon 00:42
連休最終日。

旅の疲れか、目覚めたら12時前。
しかも、起きてたのもつかの間、昼寝までしてしまい、
気づいたら5時前。

とりあえず連休中に止まってしまった腕時計だけでも、
買いに行かなくちゃと
みゆきねぇ!さんに教えてもらったお店にチープ腕時計を探しに行ってきました。


中国では値切るのが当たり前。
北京ではお土産街みたいな所があって、外人だと思われると
10倍ぐらいの値段でふっかけられるのが当たり前だけど、

ここ石家庄市は外人もそんなに居ないので、一体どこまで下がるのか
試してみたくて、
「35元を30元にするよ」と店員に言われましたが、
買うつもりもなく「10元」と試しに言ってみたら、
店員のテンションも激下ち、キレ気味に「もういい、10元で」
的な口調で言われました。
「他の店も見てみる」と言うとさすがにキレられたので、
結局その店でGショックまがいの時計を購入。(約160円)

店員との人間関係を気にしないならば、結構値切れるもんです 笑)




最近のマイブームは、2元超市(百均みたいなもん)で
不思議雑貨を探すこと。

ここ中国では「ん?これはミッキー?いや、何か違う」
といった似てるけど何か・・・みたいなモノで溢れています。
※写真右は・・ウルトラ何とかみたいなモンやけど、
 写真左は・・・
なんなんでしょう?
SANY0001 (2)



この思いを誰にもぶつけられず、買ってしまう。
店員にも笑われるどころか、不思議な顔ひとつせず売ってくれます。
思いのたけをどうすればよいか、教えてください 笑)



という訳で現実逃避しましたが、明日から社会復帰です。
なのに気候の急激な変化に耐えられず、風邪気味です・・。
9連休もあったのに最終日にして風邪とは心苦しい><
皆さんも気をつけてください。

別窓 石家荘 コメント:3 トラックバック:0 top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。