スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
病院50周年。
2008-09-27 Sat 14:37
赴任先の病院が、9月26日で設立50周年を迎えるということで、
慌しかったここ最近。


日本からも友好病院の院長が何名かいらっしゃるということで、
今週はリハビリ時間の合間をぬって、
必死で当院の経緯についての日本語訳を手伝う毎日でした。


SANY0027.jpg


そして迎えた当日。
お国柄なのか、当院の色なのか、超盛大なパーティでした。(※写真)
ちょっとした有名人が歌を歌ったり、
病院の看護師が踊ったり、職員の息子が武術を披露したり・・・。

8月ぐらいから、整形外科病棟の玄関を閉鎖したまま大門口で
踊ってる人がいたのは今日のためだったのか、と初めて納得。

誰が有名人なのかすらよくわからない上に、
職員の踊りや武術も目を見張るモノで、
さすが、中国や いろんな人が居るもんだと思いました。(※写真)

SANY0024.jpg



うちの院長は日本大好きな人なので、日本人の来客があるたび、
食事に誘ってくれます。

そして、今回は何と。
中国三大珍味といわれる、高級食材「燕の巣」をいただきました。
世界三大美女の楊貴妃が好んで食べてたらしいですね。(※写真)

SANY0003.jpg


感想は、
 
  「無味」

コラーゲン食べてるみたいな感じでした。
当たり前ですがいかに美味しいタレをかけるかによって味が決まります。



そして、今日から思いがけず9連休!!!
中国は国慶節っていう一週間程度の連休。が今年から始まったそうです。

主任から、9月29(月)~1週間やすみって聞いてたのに、
おととい、もう一人の職員から、
「土日が休みになるから、来週月火は出勤になったよ」て言われて

「何ですかーソレ!!今更言われても、もう29~の予定立てましたよ。」
って若干強く言ってみたら、
「なら休んでいいよ」ってあっさり。

というわけで9連休、満喫します!!
スポンサーサイト
別窓 石家荘 コメント:6 トラックバック:0 top↑
感動の再会。
2008-09-21 Sun 12:58
「どくぎょうざ」に引き続き、「どくミルク」の石家庄ですが、何か!? 笑)
大丈夫、私は生きてます。


めまぐるしく毎日が過ぎ、
気づけば誕生日→中秋節と過ぎていきました。

先週末、パラリンピック観戦(車椅子バスケ)、その他もろもろ、
北京へ行ってきました。

車椅子バスケは初めてちゃんと観たんですが、その迫力に圧倒。
下半身使わずにあのバランス能力、スピードは本当に凄い。
そして中国奥運拉拉隊(中国オリンピック応援団)とかいう、
超ド派手なおばちゃん・おっちゃん集団が、目の前で旗やら何やら
振りまくって応援する姿も見モノでした。
どうせなら、もっと若い女子がやるべきなんでは・・・と疑問に思うところもありましたが。

他にも万里の長城やいわ園等など、北京の名所といわれるところを
9月から北京入りした友人に連れて行ってもらい、
現地語学訓練中より満喫した日々でした。

そして、今回のメインイベント!!
もうじき10年来の親友が、マレーシア旅行経由で、北京に1日立ち寄ってくれました。
地元の友人と中国で会うのは初めて!!
というコトでドキドキワクワクしながら再会☆
私のつたない語学力や北京周辺知識不足でいろいろ迷惑かけたけど、
忙しい中時間を作って会いに来てくれた大好きなSaelatta.に感謝の気持ちでいっぱいです。

エネルギーをいっぱいもらって任地に戻るか、と新幹線に乗りこんだそのとき。

「体調が悪いから席を代わってくれないか」
とすでに私の席におばちゃんが座っている。
でも、あきらかに隣のおばちゃんと知り合いらしく、楽しそうにおしゃべりをしている。
仕方ないから、おばちゃんの席番を聞くと、
「6号車」 って、3両も向こうやんっ!!!
私の気分も一気に急下降し、重い荷物を運び車内を移動。
狭い通路には投げ出したおっさんの足やら荷物やらで、そうそう移動できないのに。
なんかこう、悪気もなく平気で言ってくる態度に まだ慣れない。
っていうか絶対慣れそうにないです。


SANY0487.jpg



帰ってきたら宿舎の前でいつもおしゃべりしているおばちゃんと
私の唯一の友達(※写真)と出会い、
イライラ気分も一気に癒された一日でした。
別窓 北京 コメント:2 トラックバック:0 top↑
中国でハマることといえば。
2008-09-04 Thu 21:50
ここ最近、ネットでドラマにハマる現象にとり憑かれてます。
「伏酷」っていう中国のYOUTUBEみたいなサイトは
無法地帯なので著作権とか関係なしに日本のドラマが観れたりします。
やから、いま話題?のコードブルーなんかもほぼリアルタイムで
観れたりして、「柳場さん!!!」の今後が気になるところ。

そしてドラマに続き、
先週石家庄市内在住の日本人の方と知り合い、借りてきた小説にハマる。

アフター6はそんな感じでインドアまくってますが、それなりに仕事も増えてきました。


担当してる患者さんは子供~20代前半の人ばかりで、かわいくてたまりません。二十歳の男の子も、日本より無邪気でまるで高校生みたい。
それぞれ背負ってる障害は重度だけど、みんな明るく一生懸命で、こっちが毎日エネルギーもらってる。
どこの国でもそうなのかな。
日本では担当のおじいちゃんによく励まされたりしたなあ。

しかし、中国の接客業は最低と自信持って言えるレベルなのに
みんな、セラピスト(私達)には非常に優しい。
待たせてても嫌な顔ひとつしない、
慌てて待たせた患者さんの治療に行くと、「ゆっくり休んで」といわれる。


あべこべクリームを塗ったような気分です。


SANY0494.jpg


※写真は以前大雨が降った時。
 こっちはあんまり降らないからか、水はけが悪くて、日本みたいに降り続いたら、絶対死人でると思う。
午前中大雨が降り続いただけでこんなことになります。
ちなみに病院内や地下は雨漏りが半端ないです。
別窓 石家荘 コメント:6 トラックバック:0 top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。