スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
友達との再会(お誕生日編)
2009-09-17 Thu 21:18
先週末のこと


大切な旧友MッチとKちゃんが遊びに来てくれました。
CIMG31701.jpg



Mッチとは小学2年生の運命的な出会いから中学校卒業まで毎日登下校した仲。
時にはカッコいい先輩を追いかけたり (ストーカー 笑)
時にはたこ焼き屋さんに寄り道したり
オトナになってからは、ルームシェアして共同生活をしてました。

辛くて苦しくてへこたれそうな時、一緒に泣いてくれた、時には背中を押してくれた大切な存在。


Kちゃんとは専門学校の同期で
就職して何年も経って住む土地が離れても、年に何度かは集まり、
歳のことななんか忘れてぱぁっと遊べる腐れ縁。
Kちゃんといると
何にもない村の風景も 雪山の中も 
 笑いの渦が生まれる そんな大切な友達。



そんな2人がはるばる大阪からやって来て

私の29歳の始まりをともに過ごしてくれました。

「住んでるとこが見たいから」とまるで保護者のように、北京在住者でもなかなか来てくれない石家荘にまで寄ってってくれました。




北京では河北省に住む友達も来てくれて「オメデトウ」と伝えてくれました。


石家庄に帰ると友達が円卓を囲んでお祝いしてくれました。


同僚が携帯にメールをくれました。


家に帰ってPCを開くと 日本で待ってくれてる友人達からのメールが来ていました。


大切な人が電話をくれました。



CIMG3261.jpg



ありがとう。

29歳のはじまりは
幸せです
スポンサーサイト
別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 top↑
友達との再会(専門学校編)
2009-09-17 Thu 21:15
さて 続いては

専門学校の同級生であるY内夫妻&K内さんが北京に訪れてくれました。




Y内夫妻には就職してからもよくお世話になってたものの

中国行きが決まった時

「なんでまた中国なん?あーチリ(←第一希望)かヨルダン(←第二希望)やったら
ゼッタイ遊びに行ったのに。ま、2年後日本で会おうや!」

とスパッと潔く言われたもんだから

まさか、来てくれるなんて思いもしなかったんだけど



「休みがちょっとしか取れなかったから北京でも行くかーと思ってたところ、そういえば
ちゃえのこと思い出した。」


なんて8月半ばに唐突に連絡があったのです。


ま、そっけないとこは愛情の裏返しだと思ってるけどね 笑)




そして土曜日の夜はみんなで北京ダック。

北京在住のお友達が在住者しかゼッタイ行けないような穴場有名店を教えてくれて

総勢12名(?)で囲んだ北京ダックは美味しかったー。

やっぱ中華は大勢がいいです。

付き合ってくれた皆様、どうもありがとう。


日本から来た3人は、まさかこんな人数でご飯食べるとはー と中国的な風景にはじめはオドオドしていたものの、楽しんでくれて良かったー



翌日は、万里の長城ハシゴプラン。

八達陵と司馬台という2箇所を1日で周るという超過酷プランをやってのけたそうです。


しかしながらこの週末、雨は降るわ、ありえないぐらい寒かったー

長城付近では氷が降り出したそうです。


今度来る人はできれば長城一箇所にすることをおススメします。(司馬台が良さそう)




Y内氏は、中国に2回訪れたことがあって

1回目は7~8年前の北京。

その街の発展だけでなく、街行く人の親切さや、若者が接客時ハニカむことに驚いてました。


自分勝手なことを言わせてもらうと、

北京市内の四合院っていう昔ながらの風情ある家がどんどん取り壊されてて

都会の中にある庶民的な部分がどんどん減っていくのはもったいないなーって思ってたけど

こういうサービス的な心が生まれるってのは素晴らしい変化なんだと感じました。




中国という国を、また新鮮に感じることができたいい機会でしたー

日本からきた皆さん、ありがとう。


別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 top↑
友達との再会(高校編)
2009-09-15 Tue 21:32
8月末

高校3年生の時の同級生である癒し系2人がきてくれましたー


1人は結婚して普段は仕事と主婦両立で頑張ってて
1人は私と同じ独身だけどリッチな独身貴族(?)の方で

2人で忙しい合間を縫って2泊3日プランで来てくれたのです。


泊まったのは 


ヒルトン北京!!


貧乏協力隊員には無縁な場所なので
タクシーのおっちゃんになかなか中国語発音が通じず3回目の正直でやっと伝わりました(笑)



そして観光案内。

鼓楼付近をうろうろして、その後 天安門見て、前門行って・・・

と考えていたものの



「10月1日、創立60周年を目前にして、週末パレードの練習のため、
 天安門付近の道路及び地下鉄封鎖」


なんじゃそりゃ!!


というわけで、有無を言わさず地下鉄も止まっており、バスもルート変更
タクシーも行ってくれません。



政府の力ってすごい。




というわけで、せっかく来てくれた2人に見せて上げられず、残念な思いをしました。


でも2人に会えて、睡眠時間を削りながらも夜中に懐かしトークができて
高校時代に戻った気分でした。
要所要所に結婚とか結婚した人のリアル生活話を聞いて、ああ、もうそんな歳なんだなと
現実に戻ることもありましたが。


P8294291.jpg


来てくれてありがとう。

エネルギーがさらに貯まりました。





(→専門学校編につづく)
別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 top↑
友達との再会(緑化編)
2009-09-10 Thu 01:31
もうだいぶ前のことになるんですけど・・・・

ここらへんから振り返ろうかなとふと思ったので。



あれは4月の頭の話。

河北省豊寧自治県っていう、同じ河北省でもどこーーっていう所で緑化ツアーがあると聞いて

3月末で仕事を退職するときいた親友に、もしかしたらこのタイミングで中国来たらおろいんちゃうん
っていう軽はずみなノリでしかも2週間ぐらい前に唐突に聞いてみた。

「行こっかな」

と期待以上に軽快な一言で返してくれた親友37

P4052626.jpg





これは8月半ばの話。

今度は内モンゴルでまたやるらしいよ。

もうひとりの親友にも一声かけてみたら

「そのタイミングなら行けるかも」

そうして仕事の合間を縫って準備周到、はるばるやって来てくれた親友Saelatta.

P8164085.jpg





2人とも、専門学校で運命的な出会いを果たした共通の友達で

一人一人性格はまるっきり違うんだけど

なぜか同じオーラをかもしだしているとよく言われる。



それは

満天の星空を見て笑いが止まらなかったり

深夜に麻紐を見つめて あーでもない、こうでもないって編み方を考えていたり

カメラを持って勢いよく走り出す瞬間が同じだったり

そういうことなんだろうな。




大好きな2人が

同じことに興味を持ってくれて

ここ中国で再会して

奥地まで足を運んでくれて

現地の人と言葉だけじゃないコミュニケーション手段で触れ合ってくれたことが

すごく嬉しかったんです。


エネルギーをたくさんもらえました。


ありがとうねー。


別窓 その他 コメント:0 トラックバック:0 top↑
二本松 訓練生活
2008-06-14 Sat 01:34
福島県二本松市で65日間の派遣前訓練がおわりました。

振り返ると、一言では伝えきれない思い出ばかりです。

4月9日、見知らぬ土地で、知らない人ばかりとの共同生活。不安な気持ちでいっぱいで、降り立った二本松。

ふたをあけてみると、163人(?)、出会う人出会う人、明るく開放的で、「ここは外国か」ってカルチャーショックを受けた入所式。

それぞれ、派遣国や職種がバラバラで、年齢や性格、その人のバックグラウンドも異なってて、それぞれが協力隊参加における目的意義も全然ちがう。

でも、みんな前を向いてる方向は一緒で、共感し合えたり、新たな刺激を得た毎日でした。




生活は男女合同の班に分かれてて、食事時間も決まっていれば、消灯は23時、朝は7時に玄関集合でラジオ体操。最初は修学旅行気分だったけど、何日も生活を共にしていると、それぞれの個性が見えてきて、いつの間にかかけがえのない存在になっていました。




語学は1日多くて5時間の授業。それから自習時間が2時間あって、宿題やったりしてたら1日10時間ぐらい中国語と向き合っていることもしばしば。

中国派遣は全部で8人(うち、ボランティア調整員さんが1人)中国語クラスは2クラスあり、4人ずつに分かれてて、中国人の講師の先生はご夫婦でやってて、とても仲良しで優しくて、教育者として今まで生きてきた中で一番尊敬できる人です。

正直、私は今まで出会ってきた中国人や、中国旅行へ行った経験から、中国人に対してマイナスなイメージを持ってることが多かったし、周りの友達も、そういう思いを描いている人がいます。そういった偏見を持つのはメディアの情報とか、いままで日本で育ってきて、日本からみた中国に対するイメージしかないからだと思うし、逆に中国からみた日本人っていうのも反日感情があるのだと思う。

だけどここで2人の中国人の先生に出会って、65日間たった今、感謝の気持ちしか伝えられることはありません。

人の心は国や文化や価値観を超えられるのだということを改めて感じることができた日々でした。


そして10日後には中国へ発ちます。
わたしも、中国と日本との深い壁を超えて、一人の人と人として、現地の中国人と付き合うことができたらいいなぁ。
別窓 その他 コメント:6 トラックバック:0 top↑
 青年海外協力隊活動記 in 中国  NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。